スリックマンは価格が高い?安い除毛クリームとの違いとは?

スリックマンは他の除毛クリームと比べると、決して価格が安いとは言えません。

定期購入の場合でも、初回価格こそ980円と安くなっているものの、二回目以降は4620円と一気に価格が上がります。

関連記事:スリックマン除毛クリームの効果は?実際に使った口コミ

価格だけで比べると安い除毛クリームがたくさんあるので、「安い除毛クリームと何が違うの?」と疑問を持つのは当然です。

そこで、アマゾンで検索して人気が高かった「ヴィート敏感肌用」の商品内容や口コミと比較してみました。

スリックマンとヴィート敏感肌用の比較

まず価格を比べてみると、ヴィート敏感肌用の価格が圧倒的に安いことが分かります。

スリックマンの二回目以降の価格と比べると、約8分の1なのでかなりお得感があります。

内容量や体毛を処理するために掛かる時間はほぼ同じで、有効成分も共にチオグリコール酸となれば、商品の品質に差がない感じもします。

スペックだけ見ると違うのは保湿成分で、スリックマンが高級成分であるシアバターを配合しているのに対し、ヴィート敏感肌用は尿素とアロエエキスを配合しています。

 スリックマンヴィート敏感肌用
価格初回980円(税抜)
二回目以降4620円(税抜)
589円
※アマゾンでの価格
内容量120g105g
除毛の目安時間5分から10分5分
有効成分チオグリコール酸カルシウムチオグリコール酸
保湿成分シアバター尿素、アロエエキス

スリックマンよりヴィート敏感肌用がお得?

価格が安くてスペックが同等ならば、お得感があるのは「ヴィート敏感肌用」です。

実際に利用者の口コミを見てみると、「コスパがいい」、「しっかり除毛できた」という好評価もありました。

しかし、その一方で「キレイに除毛できなかった」、「肌が荒れてしまった」など悪い口コミが目立ちます。

スリックマンの口コミに同じような口コミが殆ど見られないことから、スペックは同じでも使用されている成分の質や、配合量に違いあるようです。

特に目立つのが「しっかり除毛できない」という口コミで、説明書の通りに使っても毛が残るという事例が多いことから、ヴィート敏感肌用は除毛能力が弱いということが分かります。

「敏感肌用」となっているので除毛能力を抑えてあるという見方もできますが、除毛クリームを使う目的はあくまでムダ毛をなくすことなので、除毛がしっかりできなければ意味がありません。

要注意!価格が安い除毛クリームのデメリットとは?

安い除毛クリームは価格のメリットが大きい反面、価格が高いものに比べて商品の品質が劣ることが多いようです。

「価格が安いから」という理由だけで除毛クリームを選んでしまうと、結果として思うように除毛できず、後悔することが多いようです。

安い除毛クリームを買って後悔しないために、口コミに書かれている失敗談やデメリットを以下にまとめてみたので参考にしてください。

仕上がりにムラがありキレイに除毛できない

毛の太さや量によって仕上がりにムラが出るのは除毛クリームの浸透力が弱いため。
基本的に女性の細くて柔らかいムダ毛を想定して作られているので、男性の濃いムダ毛を処理するとムラになりやすいです。

毛穴に短い毛が残って黒いポツポツが目立つ

これは除毛クリームを塗る量が少ない場合でも起きることですが、基本的には除毛能力が低いことが原因です。

除毛クリーム特有のニオイがする

安い除毛クリームはニオイがキツイものが殆ど。使った後も肌にニオイが残って後悔する人も多いようです。
スリックマンなら除毛クリーム特有のニオイを抑え、シトラス系のさわやかな香りなので安心です。

除毛クリームの伸びが悪くすぐ減る

内容量がほぼ同じでも、除毛クリームの伸びが悪いためにすぐ減ってしまうというもの。
結果として除毛するために必要な本数が増えてしまいます。

肌が荒れる

保湿効果が弱いため、除毛後に肌が赤くなったり、肌荒れするなどのトラブルが起きることがあります。