スリックマンの抑毛効果!除毛と同時にムダ毛が減っていくのは何故?

スリックマンは除毛クリームなので、ムダ毛を処理しても時間が経つとまた毛が伸びてきます。

これはどの除毛クリームにも共通することですが、除毛クリームには永久脱毛のように「二度と毛が生えてこなくなる効果」はありません。

つまり、一度ツルツルの状態にしたとしても、その状態を維持するには定期的な処理が必要になるということです。

「それなら、どの除毛クリームを使っても効果は同じでは?」と思う方も多いのですが、スリックマンと他の除毛クリームには決定的な違いがあります。

それが使用するたびにムダ毛が細くなっていき、毛が伸びるペースが遅くなる抑毛効果です。

スリックマンはこの抑毛効果が優れているため、ムダ毛処理の回数を重ねるごとに毛が伸びるのが遅くなり、使用するペースや回数を減らすことができます。

関連ページ:スリックマン除毛クリームの効果は?実際に除毛してみた本音の口コミ

大豆エキスのエストロゲン作用による抑毛効果

スリックマンの抑毛効果は、成分として配合されている大豆エキスの働きによるものです。

大豆に含まれている成分であるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることで知られています。

このエストロゲンは男性の体内でもわずかに分泌されているのですが、男性ホルモンの方が多く分泌されるため体感することはまずありません。

一般的に女性より男性の方が体毛が濃いのは、男性ホルモンの働きが強いためなのです。

スリックマンで除毛を行うと、大豆エキスのエストロゲン作用によって女性ホルモンの働きを促し、毛母細胞の活性化を抑制します。

この作用によってムダ毛の成長を阻害し、毛が徐々に細くなっていく効果が得られるというわけです。

大豆イソフラボンとは何ですか。
大豆イソフラボンは、大豆、特に大豆胚芽に多く含まれる成分です。
大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。

引用元:厚生労働省:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

女性も男性ホルモンの影響でムダ毛が濃くなる?

実は男性ホルモンの影響でムダ毛が濃くなることは女性でも起こります。男性の体内に女性ホルモンが存在するように、女性の体内にも男性ホルモンが存在するのです。

以前に比べてムダ毛が増えたり、濃くなったと感じたら要注意。日常生活でのストレスや不規則な生活によってホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが優位になって体毛が濃くなったり、それまでは薄かったはずの箇所の体毛が濃くなることがあります。

このようにホルモンバランスの乱れが原因で体毛が濃くなっている女性に対しても、スリックマンの抑毛効果は有効だと考えられます。

ムダ毛には、男性ホルモンの影響を受けやすい「男性毛」と、男女どちらにも生えている「両性毛」、そしてホルモンの影響をほとんど受けない「無性毛」の3つがあります。
ひげや腕、足、おへそ周りの毛は男性毛です。
女性がムダ毛として気になるのはこの男性毛がほとんどで、この部位に生えるムダ毛が濃くなったと感じた場合は、男性ホルモンが優位になっている可能性が高いです。
濃くなったムダ毛を改善するためには、ホルモンバランスを整えて女性ホルモンの分泌を活発にしてあげることがポイントになります。

引用元:毛深い原因がホルモンバランスの乱れによるものってホント!?|フェミークリニック

スリックマンの抑毛効果のデメリットとは?

使用することで除毛と同時に抑毛効果が得られるスリックマンですが、デメリットとしては抑毛効果に即効性がないことが挙げられます。

エストロゲン作用による抑毛効果というのは徐々に効果が出てくるもので、一度や二度使ってすぐ効果が実感できるものではありません。

また、「ムダ毛の成長を抑える効果」はあるものの、脱毛効果はないため、ムダ毛が生えてこなくなるほどの効果は得られません。

抑毛効果にも個人差があるため、「何度使えば効果が出る」というようなハッキリとした目安がないこともデメリットのひとつと言えます。